ソラーテが阪神クビ!モチベーション低下原因は起用法?守備位置に問題

スポンサーリンク
スポーツ

阪神タイガースに今シーズン途中に加入した助っ人外国人のソラーテ選手が解雇されたと報道がありました。

 

チームに加入して約2か月と言う短期間でのクビとなってしまいました。原因はモチベーションを維持できなくなったことで職場放棄とも言える行動をしてしまったからのようです。

 

ソラーテが阪神をクビになった原因は起用法によるモチベーションの低下?

 

7月に阪神に加入したソラーテ選手ですが、2か月で解雇されると言うスピードでした。先週金曜日からのマツダスタジアムでの広島戦の前にモチベーションの低下と言う理由で帰阪していたことも報じられていました。

 

ソラーテ選手はデビュー戦となった7月26日の巨人戦で決勝ホームランを放つなど華々しいスタートを切り、甲子園でのドラゴンズ戦ではサヨナラツーランを放つなど当初は阪神の救世主的な存在でした。

 

ソラーテ選手はメジャーリーグのヤンキースやパドレスでプレーした経験や2017年のWBCでベネズエラ代表にも選出されるなど実績は十分で阪神の得点力アップの主砲として期待されましたが、結果を残すことが出来ませんでした。

 

ソラーテ選手がモチベーションを維持できず、結果的には職場放棄とも取れる行動をしてしまったのは問題ですが、阪神首脳陣の起用法や球団のサポートにも問題があったと思います。

 

球場にユニフォームを着て行っているので広島戦の直前まではモチベーションに問題はなかったのでしょう。6日の広島戦の直前に何かトラブルがあったのでしょう

 

本職のサード以外のポジションで出場

 

ソラーテ選手がモチベーションを維持できなくなった要因として首脳陣の起用法が挙げられます。

 

本職のサードではなく、レフトやショートやセカンドなど本職以外での出場もあり守備でも精彩を欠き調子も落としてしまうことになってしまいました。

 

7月21日に来日して26日に1軍昇格しており、2軍での調整がほとんどない中での1軍デビューとなったこともモチベーションの低下に繋がったのではないでしょうか?

 

最初こそ、打撃面で活躍しましたがすぐに調子を落としてしまったのは相手チームが研究したのもあるかもしれませんが不慣れな環境での生活が一番大きな原因だと思います。

 

ほぼ、ぶっつけ本番の上に本職のサード以外のポジションを守ったことで不慣れで日本の野球環境に馴染めなかったのではと思います。

 

サードには大山選手がいたこともあるでしょうが、20試合でポジションがコロコロ変わるのはソラーテ選手にとってもしんどかったのでしょう。

 

生活環境の変化も影響?

 

異国の地にやってきて、しっかりと調整もさせてもらえない上に本職以外のポジションで即座に結果を求められるのはハードルが高いです。

 

プロなので結果が求められるのは当然ですが、来日してすぐの1軍デビューだったので野球だけでなく生活面でも不慣れな環境です。来日してすぐは時差ボケもあったと考えられます。

 

スカウティングもですが、助っ人外国人が活躍できるように環境を整えるのも球団の仕事だと思います。球団としての助っ人外国人へのサポート体制にも問題があったのではないでしょうか?

 

阪神は外国人が途中で退団してしまうことも多いので球団にも問題があると思います。現場の首脳陣もですが、球団と外国人選手のサポートについて意思疎通が出来ていなかったのではと思ってしまいます。

 

守備位置の問題でモチベーション低下?

 

ソラーテ選手がモチベーションを維持できなくなったのは守備位置の問題が大きいでしょう。上でも書きましたが、本職以外のポジションを守ったことで不慣れな状況でエラーをしてしまい、負の連鎖に陥ったと考えられます。

 

守備面で不安を抱えたことで打撃面にも影響が出てしまったと言えます。守備でミスをしたことで打撃で挽回しようと力が入ってしまい打てなくなっていたのかもしれません。

 

不慣れなポジションを転々とし、ミスをしてもサポートする人もいなかったのではと思ってしまいます。20試合で本職でないショートやセカンド、レフトを守るなど不慣れな環境だったと思います。

 

モチベーション低下の原因は不慣れな守備位置を守らせた首脳陣の起用法に大きな問題があったと言えます。

 

ソラーテ選手1人の責任ではないでしょう。

 

最後に

 

クライマックスシリーズ進出をかけて3位の広島カープとの直接対決と言う重要な3連戦の前にドタバタ劇でした。この3連戦は阪神が1勝2敗と負け越し、クライマックスシリーズ進出が危ぶまれるようになりました。

 

終盤戦に突入した時期に鳥谷選手の退団やソラーテ選手の解雇などチームの士気を下げるような出来事が続いています。

 

阪神タイガースと言う球団の体質に問題があるのは事実でしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました