星稜と履正社の甲子園決勝戦は広島カープとヤクルト応援歌対決?

スポンサーリンク
koushienスポーツ

夏の全国高校野球甲子園大会の決勝戦が22日に行われます。石川県代表の星稜高校と大阪府代表の履正社高校が初の全国優勝をかけて対戦します。

 

絶対的エース奥川投手中心の星稜投手陣と甲子園全試合で7点以上取っている履正社強力打線のどちらに軍配が上がるか注目ですが、応援歌にも注目です。

 

星稜と履正社の決勝戦は広島カープとヤクルトの応援歌対決?

 

22日に行われる夏の高校野球決勝戦は星稜vs履正社となりましたが、両校ともにプロ野球チームの応援歌を取り入れています。

 

高校野球の応援歌にプロ野球チームの応援歌が採用されることが増えており、千葉ロッテマリーンズのモンキーターンはよく見られる光景です。

 

夏の甲子園に埼玉県代表として出場していた花咲徳栄高校は埼玉西武ライオンズの応援歌を取り入れていました。

 

星稜高校は広島東洋カープの応援歌、履正社高校は東京ヤクルトスワローズの応援歌を取り入れており、広島カープと東京ヤクルトスワローズの応援歌合戦とも取れます。

星稜高校は広島カープの応援歌

 

星稜高校は広島東洋カープの応援歌であるチャンススーパーを取り入れています。

 

 

チャンススーパーは広島東洋カープのチャンス時に流れるチャンステーマで2016年に登場した応援歌です。2016年と言うとカープが25年ぶりのリーグ優勝を達成した年です。

 

広島東洋カープがチャンススーパーを応援歌として演奏して以降、3年連続でリーグ優勝を達成しています。カープにとってもチャンススーパーは背中を押してくれる応援歌であることは間違いないでしょう。

 

星稜高校は24年前の1995年の夏の甲子園で準優勝しています。24年前と同じ夏の甲子園の決勝の舞台に駒を進めてきました。

 

広島東洋カープがチャンススーパーを導入した2016年に25年ぶりのリーグ優勝を果たしたように星稜が24年前に涙を飲んだ甲子園の決勝戦で勝利を掴むのでしょうか?

 

履正社はヤクルトの応援歌

 

星稜が広島東洋カープの応援歌を取り入れているのに対し、履正社はヤクルトスワローズの山田哲人選手の応援歌を取り入れています。

 

 

山田哲人選手は履正社高校のOBで2010年の夏に甲子園に出場しています。現在はヤクルトの中心選手として活躍し、トリプルスリーを達成するなど球界を代表する選手です。

 

履正社のOBで球界のスター選手である山田哲人選手の応援歌は1番を打つ桃谷選手の打席で流れます。ここまで甲子園全試合で第一打席にヒット(ホームランを含む)を放つなど桃谷選手は履正社打線の切り込み隊長のような存在です。

 

履正社のOBでもある山田哲人選手が果たせなかった甲子園優勝を成し遂げることが出来るのでしょうか?

 

履正社が星稜に勝利するためには1番の桃谷選手の活躍が欠かせないでしょう。桃谷選手の第一打席に注目です。

 

桃谷選手が第一打席でヒットを放てば、履正社打線が勢いづくでしょう。逆に星稜は桃谷選手の第一打席を抑えれば、メンタル面で少し楽になると言えます。

 

最後に

 

夏の高校野球もあと1試合を残すだけとなりました。星稜高校と履正社高校のどちらが勝っても甲子園初優勝です。

 

履正社は春の選抜甲子園で星稜に敗れ、エース奥川投手に3安打17奪三振の完封負けを喫したリベンジを夏の甲子園の決勝で晴らすチャンスでもあります。

 

履正社の桃谷選手の第一打席の安打記録更新も注目です。奥川投手からヒットを打つか、奥川投手が抑えるかが序盤の流れを左右することになりそうです。

 

履正社高校が春の選抜甲子園のリベンジを果たすのか、星稜高校が返り討ちにするのか甲子園決勝戦の結果はどうなるのでしょうか?

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました