智辯和歌山の魔曲ジョックロックが星稜戦で!西川同点打でタイブレーク

スポンサーリンク
koushienスポーツ

夏の高校野球甲子園大会で星稜高校vs智辯和歌山高校の試合が行われています。奥川投手要する星稜高校と強力打線の智辯和歌山の対戦は注目度の高い試合です。

 

星稜の奥川投手が智辯和歌山打線を抑え込んでいる状態でしたが、6回の智辯和歌山の攻撃に魔曲ジョックロックが流れました。

 

智辯和歌山のジョックロックが星稜戦で炸裂

 

智辯和歌山vs星稜の試合は1点を争う好試合となっていて両チームの投手陣が相手打線を食い止めている状態です。星稜の奥川投手は智辯和歌山打線を抑え込んでいますが、6回に智辯和歌山が1点を奪いました。

 

6回までチャンスを作れなかった智辯和歌山打線ですが、6回に初めて得点圏にランナーが進みジョックロックが流れました。

 

失策とデッドボールで掴んだ初めてのチャンスで3番の西川選手がライト前にはじき返し、2塁ランナーがホームを踏み、同点に追いつきました。西川選手は1年の夏から試合に出ていると言う智辯和歌山の主軸選手です。

 

ジョックロックが流れると智辯和歌山打線が点を取る雰囲気が流れます。

 

智辯和歌山の魔曲ジョックロック

 

星稜高校戦でもジョックロックが流れた後に智辯和歌山打線がワンチャンスを活かして同点に追いつきました。

 

甲子園でジョックロックが流れると智辯和歌山が得点する制度のように思えてきました。2回戦の明徳義塾戦で7回にジョックロックが流れた後に3本のホームランが飛び出しました。

 

明徳義塾戦では6回まで智辯和歌山打線は沈黙していましたが、7回にジョックロックが流れ一気に打線が爆発し、試合をひっくり返しました。

 

1イニング3本のホームランなどで7点を奪った智辯和歌山打線の集中力も凄いですが、眠っていた智辯和歌山打線を起こしたジョックロックも凄いです。

 

智辯和歌山と星稜はタイブレークへ

 

智辯和歌山vs星稜は1-1のまま延長戦に突入し、智辯和歌山の池田投手、星稜の奥川投手の両エースの投手戦が繰り広げられています。

 

タイブレークに突入しましたが、試合はどうなるのでしょうか?両チームともタイブレークの最初のイニングは得点を挙げることが出来ませんでした。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました