半導体材料の輸出規制にアメリカ反応なし!理由は韓国への制裁容認?

スポンサーリンク
国内

G20終了後、日本政府は半導体材料の輸出管理を厳格し韓国をホワイト国から除外すると発表したことで実質的に韓国への制裁を発動しました。

 

7月に入ってから韓国の日本批判は激しさを増しています。

 

日本政府の発表に対して韓国政府は猛抗議し、WTOへ提訴するとコメントするなど対抗処置を行うと発表しました。7月に入り、韓国国内では日本製品のボイコット運動が始まるなど反日活動が激化しているようです。

 

さて、この記事では半導体材料の輸出規制に対してアメリカの反応がない理由について考えてみました。

半導体材料の輸出規制にアメリカ反応なし

 

日本政府の韓国に対する半導体材料の輸出管理の厳格化処置に対して韓国政府や韓国国内の批判の記事は連日見るようになっています。

 

ユニクロやホンダなど韓国へ進出している日本企業の製品の不買(ボイコット)運動が高まりを見せており、日本企業の名前が書いた箱を足で踏みつぶしている映像もありました。

 

表示できません - Yahoo!ニュース

 

一昨日のFNNの記事でその映像が公開されていて、日本製品の不買運動を韓国の大企業も行うべきだと声を上げる韓国人のインタビューが紹介されています。

 

さて、韓国の日本批判の記事は連日見るので見慣れてきた人も多いと思いますがアメリカの半導体材料の輸出規制(輸出厳格化)に対する反応はないですよね?

 

トランプ大統領のコメントも見かけないですしアメリカが日本政府の行動に対して何も発言していないことに疑問を持っている人も多いでしょう。

半導体規制による韓国への制裁を容認か?

 

アメリカが日本政府の半導体材料の輸出規制に対して反応しないのは、日本政府の決定を支持しているからでしょう。

 

もし、日本政府の発表に対して反対するのであれば明確にコメントを発表しているはずです。トランプ大統領ならTwitterでコメントすると思います。

 

アメリカは半導体材料の輸出規制(厳格化)に賛成の立場であるので何も反応せず流していると推測できます。アメリカも韓国に対して北朝鮮問題で不満は溜まっているでしょうし制裁の意味を込めての容認ではないかと思います。

 

2月に出た韓国の決議違反の記事です。https://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/190201/wor19020120220022-n1.html

 

韓国が国連安保理の決議に違反して北朝鮮に物資を輸出していることに対してアメリカはかなり怒っています。人道的支援として物資を北朝鮮に輸出されては国連による制裁の効果も落ちてしまうので意味を成さなくなります。

 

昨年12月の自衛隊哨戒機へのレーダー照射事件で北朝鮮の船と韓国の軍船が何をしていたのかも明らかにされていないので北朝鮮へ密輸を疑われることになりました。

 

救助活動をしているようには見えなかったですし、そもそも日本の排他的経済水域内にいることが不自然です。救助活動は嘘である可能性が高く、別の事をしていたのでしょう。

 

国連の決議違反をしている韓国に対してアメリカとしては何かしら制裁を与えたいと思っていたはずです。

 

日本が韓国への半導体材料の輸出厳格化や韓国のホワイト国除外などの制裁を発動するなら、アメリカは間接的に韓国へダメージを与えれますし北朝鮮への物資の垂れ流しを抑えることが出来ると考えたのでしょう。

 

アメリカとしては自らが動くことなく韓国に制裁を与えれるので国内の批判を抑えることもメリットだと思います。

 

言い方は良くないですが、日本に制裁をさせたと考えれます。

 

アメリカが韓国に対して直接制裁を発動すれば、韓国から批判はもちろんのこと国内からの批判を少なくないでしょう。トランプ大統領に対してアメリカメディアは批判的ことが多いので大統領批判を展開されるのも考えられるでしょう。

 

しかし、日本が制裁を発動すればアメリカとしてはダメージを最小限で抑えれるのでトランプ大統領にとってもメリットが大きいです。

 

韓国のホワイト国除外は正しい対応だと思います。

 

まとめ

 

日本の半導体材料の輸出厳格化と韓国のホワイト国除外はアメリカにとってもメリットが大きいので間接的に日本を援護射撃しているのは事実でしょう。

 

日本の半導体材料の輸出厳格化で韓国は苦しい状況になっており、現状を打破するためにアメリカへ救援要請をすることも考えられます。

 

オバマ政権時代は上手くいきましたが、トランプ政権では失敗に終わるのではないでしょうか?

 

アメリカが日本の処置を容認している以上、韓国を助ける可能性は限りなく低いと言えます。トランプ大統領からすれば韓国への最終警告かもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました