ラモス瑠偉がVS嵐に!白パンツスタイルがイケメン!現役時代と名言

スポンサーリンク
テレビ番組

元サッカー日本代表のラモス瑠偉氏がサッカー大好き芸人を率いて3年ぶりにVS嵐に登場です。

 

60歳を超えた現在も見た目は若く見えますし、現在はビーチサッカーの日本代表を務めるなど監督業はまだまだ現役です。

 

VS嵐にラモス瑠偉氏は白パンツに日本代表のユニフォーム姿で登場するのですが、現役時代と変わらないようなスタイルを維持しています。サッカーや野球選手が現役を引退すると太るイメージがありますが、ラモス瑠偉氏には関係ない感じです。

 

白パンツが綺麗に似合うラモス瑠偉氏ですが60歳を超えているとは思えないほどイケメンです。

 

この記事ではラモス瑠偉氏の現役時代や名言についてもまとめてみました。

ラモス瑠偉氏のVS嵐出演時の白パンツスタイルがイケメン

 

62歳にも関わらず、VS嵐出演時に白パンツをスタイル良く着こなすラモス瑠偉氏はブラジル出身ということもありサッカーマンのようにしか見えません。

 

※フジテレビ公式アカウントより

 

他のゲストと比べてもスタイルの良さは目立ちます。60歳を超えてもスタイルを維持しているのも凄いですが白パンツスタイルを似合うイケメンでしかないです。

 

 

 

白パンツスタイル=ノンスタイル井上のイメージがありましたが、スポーツマンが着こなすとイケメンです。青と白のマリンテイストが似合います。

 

白パンツ=ラモス瑠偉というイメージが付きそうな雰囲気があります。

 

 

 

ラモス瑠偉氏の現役時代

 

ラモス瑠偉氏はJリーグが誕生する前の1977年にブラジルから来日し、中央大学へ入学しています。中央大学入学後に読売サッカークラブ(現在の東京ヴェルディ1969の前身)に入団し、日本でのサッカーキャリアをスタートさせます。

 

ラモス瑠偉氏が日本に来日した1977年当時はサッカーにプロリーグは存在しておらず、1965年に誕生したアマチュア向けの日本サッカーリーグの時代でした。

 

来日からしばらくはFWとしてプレーをしていましたが、1986年に読売クラブのコーチに就任した元ブラジル代表のジノ・サニの影響でMFしてプレーするようになります。1989年には日本国籍を取得しています。

 

1996年の途中までヴェルディ川崎(前読売クラブ)に在籍し、1年ほど京都サンガに移籍します。その後再びヴェルディ川崎に戻り、1998年に現役を引退します。

 

日本代表では1990年代前半のMFとしてチームを引っ張りました。1993年日本が初のワールドカップ出場を逃したドーハの悲劇と呼ばれるイラク戦(2-2)にも出場しており日本の2点目をアシストしています。

 

ドーハの悲劇の映像でラモス瑠偉氏が映っている映像を見たことがある人も多いのではないでしょうか?試合終了後にピッチで座り込んでいる姿が印象に残っています。

 

YouTubeでドーハの悲劇の映像があります。※YouTubeより引用

1993.10.28 【ドーハの悲劇】〔ノーカット〕

 

この試合に勝てば初のワールドカップ出場が決定だったのですが、試合終了直前に同点に追いつかれてそのまま引き分けでした。初のワールドカップ出場は1998年のフランスワールドカップまで持ち越されることになりました。

 

この試合には現FC東京の長谷川健太監督やゴン中山こと中山雅文さんが先発出場しています。他にも50歳ながら現役の三浦知良さんや現日本代表の森保監督も出場しています。

ラモス瑠偉氏の名言

 

ラモス瑠偉氏の言葉の中で名言として多くの人の心に響くものがあります。個人的にいくつかピックアップしてみました。

 

「テクニックは人から教わることはできる。でも、ハートは自分で鍛えるしかない。」

 

技術は人から教えてもらえても、心(メンタル)は自分で強くするしかないというのは職種関係なく同じではないでしょうか?

 

会社に入って業務は上司や先輩から教えてもらいますが、仕事に対するメンタル強化は自分自身でないと強化することは出来ません。そもそも他の人の心の中に入り込んで強化することなど出来ません。

 

心の持ち方は自分自身でしか操作できないものです。

 

リーダーは口だけじゃなくて、行動で見せないといけない

 

発言に対して行動が伴わないリーダーは部下からも信用されないですよね。実際に発言に行動が伴うリーダーはあまり多くないのではないでしょうか?

 

特に政治系のニュースを見たりすると「発言するなら行動で示せよ」と言いたくなることも多いです。信用される人と言うのは行動で示せる人だと思います。

 

他にもラモス瑠偉氏の名言はありますが今回は2つを選びました。

 

この2つの名言は世代関係なく仕事面で大事になってくる言葉だと言えます。2つとも実際に再現できている人は少ないでしょう。

 

頭では分かっていても、実際に再現するのは難しいです。

 

仕事を続けていく上でラモス瑠偉氏の名言を一度考えてみるのもいいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました