Mステでプリプリ岸谷香が「世界でいちばん熱い夏」披露!平成元年の出来事

スポンサーリンク
テレビ番組

10日のミュージックステーション(Mステ)でプリンセスプリンセスの岸谷香さんが代表曲でもある「世界でいちばん熱い夏」を含むSPメドレーを披露します。

 

プリンセスプリンセスと言うと「世界でいちばん熱い夏」や「Diamond」など平成初期の名曲で有名です。元号が平成から令和に変わっても名曲として受け継がれていくでしょう。

 

世界でいちばん暑い夏、Diamondは1989年(平成元年)に発売された曲でプリンセスプリンセスの代名詞とも言える曲です。

 

今回はプリンセスプリンセスの「世界でいちばん熱い夏」とこの曲が発売された1989年(平成元年)に起きた出来事をまとめてみました。

 

プリンセスプリンセスとは

 

昭和末期から平成初期を代表する女性5人組バンドで女性バンドの先駆者的存在でもあります。1983年にデビューし、1986年にプリンセスプリンセスとバンド名を変更しています。

 

1989年に「世界でいちばん熱い夏」や「Diamond」などのヒット曲を生み出し、人気は最高潮になります。その後1996年に一度解散しますが、2012年に期間限定で復活し、年末の紅白歌合戦にも出場しています。

 

その後2016年3月で再結成後の活動を終了します。

 

「世界でいちばん熱い夏」は高校野球の応援歌にも使用されていて、ブラスバンドで有名な習志野高校が千葉大会で演奏していました。カラオケでも人気があり、直近の履歴を見ると歌われていることが多かったように感じました(個人の主観です)。

 

名曲の「世界で一番熱い夏」

 

プリンセスプリンセス=世界でいちばん熱い夏というイメージが強いと思う人は多いのではないでしょうか?この曲が出たのは私が生まれる前ですが、昔から知っている曲です。

 

夏によく聞く曲として知っている若い世代も多いと思います。サビ部分から始まる出だしが印象的で曲名も分からないまま小学生の時に口ずさんでいた記憶があります。メロディーは知ってても曲名が分からなかった状態でした(笑)。

 

※YouTubeで動画があったので引用しました。

 

 

この映像を見たことがある人もいると思います。パワフルなボーカルのイメージが強く印象に残りますし、髪型が独特な感じがします。

 

世界で一番熱い夏は2回発売されている!

 

平成の名曲として扱われるこの曲ですが、一般的に知られているのは1989年に発売されたものでオリジナル版をアレンジした平成版の「世界でいちばん熱い夏」です。

 

この曲自体は1987年にプリンセスプリンセスの2枚目のシングルとして発売されていましたが1987年当時は知名度が高くなくオリコンチャートにもランクインしていませんでした。

 

1989年に7枚目のシングルである「Diamond」がヒットし、知名度が上昇したことで8枚目のシングルとしてアレンジ版の「世界で一番熱い夏」が発売されました。

 

オリコンシングルチャートで1位を獲得し、年間チャートでも2位となり「Diamond」と共に1位と2位を独占しました。オリジナル版も高い知名度となりましたが、平成版とは出だしが違うなど大きな差があります。

 

高校野球の応援歌でも採用される

 

「世界で一番熱い夏」は高校野球の応援歌でも採用されています。ブラスバンドで有名な習志野高校が千葉大会で応援歌として使っています。

 

 

習志野高校のブラスバンド演奏が凄いです!春の甲子園でも美爆音演奏が有名になりましたが、クオリティが高いです。

 

甲子園での習志野高校の演奏についてはこちら

http://interior-zakka95.com/2019/03/24/習志野ブラバンの甲子園での美爆音応援が凄い%ef%bc%81/

 

1989年(平成元年)の出来事

 

1989年と言うと昭和天皇が崩御し、元号が昭和から平成に変わったということが一番に思いつくことではないでしょうか?1989年は私は生まれていないので当時の状況を知りませんが、元号が変わると言うのは今以上に影響力があったと思います。

 

平成が30年に対して昭和はその約2倍の64年続きました。平成は退位による元号の変化ですが、昭和は天皇の崩御という形での元号変化なので今回以上に驚きだったと思います。1989年に起きた出来事をいくつか紹介したいと思います。

 

中国での天安門事件

 

1989年と聞くと天安門事件を思い浮かべる人も多いでしょう。中国北京の天安門広場で中国共産党の一党独裁体制に対して反対し、民主化を求めた学生を中心とした一般人に対して軍(当時は中国人民解放軍)が武力で鎮圧した事件です。

 

一般人のデモを武力で鎮圧すること自体恐ろしいことです。天安門事件は中国政府によって厳しい報道規制をされていたので死者の数ははっきり分かっていません。

 

中国共産党は319人と発表していますが、信用は出来ません。数百人~数万人と幅が広いので真実は分かりませんが、数百人ではないでしょう。

 

社会主義国家の相次ぐ崩壊

 

1989年はアメリカとソ連の冷戦が終わった年でもあります。12月のマルタ会談で冷戦は終結しますが、その1か月前にベルリンの壁が崩壊し社会主義国家であった東ドイツが終焉を迎えます。

 

ベルリンの壁崩壊前にはハンガリーとポーランドで共産党政権が崩壊し民主化しています。

 

ベルリンの壁崩壊から2週間後にはチェコスロバキアでも共産党政権が崩壊し民主化します。ベルリンの壁崩壊は東欧の社会主義国家の崩壊をもたらすことになりました。

 

この年の始めにソ連がアフガニスタンから撤退しましたが、これがソ連崩壊及び社会主義国家崩壊の引き金になったのかもしれません。

 

1989年10月12日(10・12)西武vs近鉄 ブライアント4連発

 

日本のプロ野球ですが、ブライアントの4連発は平成元年の出来事として語り継がれることではないでしょうか?前年は10・19(ロッテとのダブルヘッダー)で優勝を逃した近鉄にとって10・12は優勝を決める最後の決戦ともいえる試合でした。

 

敵地西武球場でのダブルヘッダーで近鉄は連勝が絶対条件という厳しい状況の中で試合は始まります。第1試合は序盤で4点を失い、0-4と劣勢だった近鉄ですが、ブライアントが4回にソロホームランを放ちます。

 

1-5となった6回に同点の満塁ホームラン、8回に勝ち越しのソロホームランを放ちます。第1試合は6-5で近鉄が勝利するのですが、1人で全打点をたたき出す活躍をします。

 

第2試合でも敬遠を挟んで第2打席にホームランを放ち、4打数連続ホームランと言う神がかった活躍を見せ、14-4で近鉄がダブルヘッダーを連勝し地元の藤井寺球場でリーグ優勝を決めます。

 

前年の10・19の悔しさを10・12で晴らした近鉄の優勝でした。

 

まとめ

 

平成元年のヒット曲ということもあり、1989年に起きた出来事も一緒にいくつか紹介しました。日本では元号が変わると言う大きな変化でしたが、世界情勢をみると冷戦が終わり、社会主義国が次々と崩壊していく年でもありました。

 

天安門事件やベルリンの壁崩壊、冷戦の終了など世界的に見ても平成元年と言うのは大きな変化があった年だと分かります。

 

2019年、日本では元号が令和になりましたが世界情勢はどのように変化するのでしょうか?朝鮮半島or米中関係で大きな変化が起こりそうな気がします。

 

Mステで平成の名曲はどのようにして再現されるのか楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました