広島カープ床田が復帰後初勝利!左肘の怪我とトミージョン手術とは?

スポンサーリンク
スポーツ

今回は広島東洋カープの床田寛樹投手についてです。

 

今日、広島のマツダスタジアムで行われた広島カープvs阪神タイガースの試合で広島の先発床田投手が今シーズン初勝利を挙げました。床田投手にとって2年ぶりの1軍のマウンドに立った試合で左肘の手術後2回目の登板で勝利投手になりました。

 

広島カープにとっても連敗を止めることが出来たので良かったです。ここまで2カード負け越している中で3カード目を1勝1敗に戻せたのは非常に大きいです。

 

床田投手が乗り越えた左肘の怪我の手術とはどのようなものだったのか、その際に受けたトミージョン手術とはどのようなものなのか簡単にまとめてみました。また出身校やプロ入り前はどのような選手だったのかも紹介します。

広島カープ床田投手とは

 

床田投手は1995年生まれで兵庫県の尼崎市出身です。高校時代は大阪の箕面学園高校で投手としてチームを引っ張りましたが甲子園には出場できず、卒業後は中部学院大学に進学します。

 

中部学院大学では本格派左腕投手として3年生の途中から主将を任される選手になります。大学の公式戦で通算27勝を挙げ、2016年のドラフト会議で広島東洋カープから3位指名を受けて、入団しました。

 

中部学院大学の2学年先輩にはチームメイトの野間選手、1学年後輩には2017年のドラフト会議で広島カープから指名された最速152キロを投げる平岡投手がいます。中部学院大学から直近5年でカープから3人もドラフト指名されています。

 

プロ1年目の2017年シーズンから開幕ローテーション入りし、4月5日の中日ドラゴンズ戦でプロ初登板を果たし、2戦目の4月12日の巨人戦でプロ初勝利を挙げました。

広島カープ床田投手の左肘の怪我とトミージョン手術

 

しかし、3戦目の登板となったDENA戦で肘の違和感を訴えて降板し、検査の結果は左肘内側筋筋挫傷でした。同年7月にトミージョン手術を受けたことで2018年の8月まで治療に専念せざるを得なくなりました。

 

トミー・ジョン手術とは肘の靭帯断裂の際に用いられる手術でこの名前が付いているのは初めて受けた投手がトミー・ジョン投手だったからです。

 

この手術は損傷した靭帯を取り除き、他の部位から正常な腱を移植する手術です。移植しても定着するまでに時間が掛かるので長期間のリハビリが必要です。最初に肘の可動域を戻すリハビリから始まり、日常生活で支障がないようになるように戻します。

 

その後は、軽めのウェイトトレーニングを取り入れ、少しずつ量を増やすと同時に腕全体のトレーニングを行います。日常生活や通常の運動が出来るようになったと医師が認めれば、ようやく投球が出来るようになります。

 

個人差はありますが、医師が投球を認めるまでは約7か月~8か月かかると言われているので実践に復帰できるまでは最低でも1年はかかるようです。投手にとって1年間実践復帰できないと自身の今後が不安になってしまうので非常に辛いと思います。

 

メジャーリーガーではダルビッシュ投手や大谷投手がこの手術を受けていますし、プロ野球選手でもドラゴンズの吉見投手やヤクルトの館山投手などが経験しています。他にもメジャーリーガーやプロ野球選手でこの手術を受けたことがある選手は多くいます。

 

肘の怪我を乗り越えて現役を続けている選手もいるので床田投手も広島の先発ローテーションに定着して投手陣を支える選手になってほしいです。

 

今日の阪神戦で床田投手は6回5安打2失点の好投で勝利投手になりました。6回のピンチを併殺打で切り抜けたのは大きかったと思います。打線も10得点で床田投手を援護したので楽に投げれたのではないかなと思いました。

 

今日は4番の鈴木誠也選手が2本のホームランを放ち、松山選手、曾澤選手にもホームランが出ました。中軸が打てば勝てます!

 

昨日は大瀬良投手で負けたので嫌な予感がしましたが、今日は床田投手の好投と打線が爆発で勝てたので良かったです。球数が多かったのは気になりましたが最少失点で切り抜けたのは次回の登板にもプラスです。

 

大瀬良投手に続くエース級の投手になってほしいです。24歳とまだまだ若いので今後の広島カープの投手陣を担う選手になってくれるはずです。

 

明日の先発は広島が九里投手、阪神が西投手です。1勝1敗で迎える第3戦ですが勝って気分よく週明けを迎えたいですね。今シーズン初の勝ち越しを決めて来週以降のゲームから巻き返せるように頑張ってほしいです。

 

2019年シーズンこそ、日本一になれるように頑張ってほしいです。3連覇中も日本シリーズでは2回敗退しているので3回目の正直で日本シリーズを制してほしいです。1984年以来の日本一を掴んでほしいです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました