韓国の徴用工裁判の判決は世論感情の結果?今後の日本の対応は?

スポンサーリンク
政治

今回のテーマは1か月ほど前にも話題となった韓国の徴用工裁判です。

 

2件目の徴用工裁判も韓国の歪んだ司法による判決結果が下されることになり、日韓関係のさらなる悪化と韓国の国際的信用の失墜を招くことになりました。

 

なぜ、解決済みの過去の問題を蒸し返し、韓国自ら関係性を悪化させるようなことをするのでしょうか?また、そのことが国際的に非常識であることに気づかないのでしょうか?

 

この記事では以下の2つについて考えてみました。

韓国司法による徴用工裁判の判決結果

今後、韓国に対する日本の対応

韓国の徴用工裁判の判決結果

 

今回の徴用工裁判の判決が日本の敗訴になることを予想していた人も多いのではないでしょうか?前回の結果を考慮すれば同じことになる可能性が高いだろうなと思っていましたが案の定の結果でした。

 

今日の昼の毎日新聞の記事で韓国司法について書かれた記事がありました。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00000024-mai-int

 

過去の政権が解決済みと公式に発表した見解を覆すこと自体おかしなことですが、一度約束したことを平気で破る韓国政府の悪質さが際立っています。

 

韓国政府は、この問題を一括解決した日韓請求権協定(1965年)との整合性を図るため、最初の確定判決が出た先月末に「総合的な対策を用意する」と表明したが、具体策が見えないまま確定判決が相次ぐ事態に突入している。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00000024-mai-intより引用

 

毎日新聞の記事の中で10月末に出た最初の徴用工裁判の判決後に韓国政府が対応策を用意すると公式に主張していたことについて触れていますが、現実は何も用意していません。

 

 

他の徴用工裁判も控えていて緊急を要する状況で対策を用意していないのは韓国政府がこの問題を解決する気は全くなく、感情論に任せて日本から賠償金をがっつり取ろうという腹の内でしょう。

 

他の徴用工裁判が全て終わってから韓国政府は総合的な対策を出すとしても結果的には徴用工裁判の結果を支持し、日本に賠償金を求めてくる事には変わりないと思います。

 

韓国世論の感情を優先した判決

 

ここまで2件の徴用工裁判は日本側に賠償金を求めている原告側の意見を認めているので今後もその流れは継続するでしょう。仮に原告側敗訴の判決を出せば暴動になり、裁判官の生命の危険が及ぶことも考えられるので原告側敗訴の判決は出せないでしょう。

 

感情論が司法を飲み込んでしまう韓国の世論環境があるかぎり、理性的な判断を下せない状況を作り出していると言えるでしょう。

 

先月の韓国政府の主張は所詮、建前で実際に考えていることは全く違います。はっきり言って韓国を法治国家と見なすこと自体無理な話なので相手にしない方がいいと思います。

 

一度解決した問題を感情論で蒸し返すような国は法治国家として認められるようなものではありません。

韓国の徴用工裁判に対する今後の日本の対応は

 

今後の日本政府の対応としては「遺憾である」という態度ではなく、実力行使を突き付けてもいいと思います。徴用工裁判の影響による関係悪化によって今後は韓国を一切支援しないと通達してもいいのではないでしょうか?

 

世論感情が優先される韓国に対して今後は厳格な対応が必要です。

 

このまま一方的に好き勝手やられて黙っているわけにはいきません。現実的に韓国政府を震え上がらせるような態度が今の日本政府には欠けていると思います。

 

韓国に対する経済制裁や断交など実力行使もあり

 

アメリカのトランプ大統領ではないですが、韓国製品に高い関税を掛けることや韓国への輸出制限など経済制裁で揺さぶるのも有効だと思います。

 

韓国政府に経済制裁を突き付けて反日活動が過激になったり、韓国国内の日本企業を弾圧し始めたり実力行使に出れば国交断絶を突き付けるべきでしょう。

 

国家間の条約を守らず、自分勝手な主張で相手国から賠償金を取ろうと考える韓国を国家としてみなす必要はありません。

 

経済制裁で改善見込みがないなら国交断絶で国家間の交流だけでなく、民間レベルでの交流も禁止し一切関わらないようにするべきでしょう。国交断絶なら入国も厳しく規制するべきです。

 

例え、窮地に追い詰められても支援する必要はありません。支援したところで恩を仇で返されることは容易に予想が付きますし、味をしめて同じことを繰り返します。

 

血走りすぎと思われるかもしれませんが、今までの対応が甘すぎです。そういう意味ではトランプ大統領ばりの強気な姿勢で立ち向かうことが大切です。

 

日本は本気で韓国を潰しに来る」と思わせるぐらいのドライな対応をすべきです。

 

今の韓国政府は北朝鮮との融和政策によってアメリカの怒りを買っていますし、北朝鮮の非核化に向けて協力するどころか妨害に出ているなど現実的脅威に対して楽観的すぎるのではないでしょうか?

 

韓国は国家としての国際的信用も失墜していますし、国際的地位の低下によって孤立していくことが予想されます。そのような国と付き合う必要はありません。

 

最後に

 

安倍政権には遺憾であるという対応でなく、実力行使をしてでも韓国に対して制裁を課してほしいと思います。経済制裁で様子を見て、場合によっては国交断絶を突き付けるという環境ができるように態勢を整えるべきではないでしょうか?

 

経済制裁は日本にとってもダメージがあるかもしれませんが、国内経済がボロボロで雇用の改善も進まない韓国にとって致命的な一撃になる可能性が高いです。

 

日韓関係の悪化を招いたのは韓国ですので因果応報ですが、着実に制裁を課す環境を整えて理不尽な攻勢に出ている韓国政府を迎撃するべきです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました