ニトリの柄ラグで部屋をおしゃれにコーディネイト。冬と床暖房

スポンサーリンク
インテリア

こんばんは。今回はニトリの柄のラグのコーディネイトについて書いていこうと思います。

 

今回、紹介するラグはギャッベ柄のラグです。

以前はキリム柄のラグについて書きましたが、今回は別の柄のラグを紹介していくのでラグの第2弾です。

 

ニトリで売っているギャッベ柄のラグです。

吸湿発熱+蓄熱ギャベ柄ラグ(NウォームギャベH)

https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/CarpetRugMat/Rug/7224501s?ptr=itemより引用

ギャッベとはイランの遊牧民族が織る手織り絨毯のことで、全てハンドメイドで作られているものです。ギャッベに描かれるのは素朴なデザインが多く、それぞれのデザインに織る人の願いが込められています。

 

ギャッベは遊牧民族が日常生活で使用する以外にも、女性が嫁入りする際に織って持っていく習慣が遊牧民族の中でありました。母から娘に伝わり、代々引き継がれて現代に残っているとのことですが、時代の経過とともに織る人も少なくなっているようです。

 

全てハンドメイドなので同じデザインは2つ存在しないと言われるほど、ギャッベは作るのに時間が掛かるのです。そのため、オリジナリティが非常に強く、世界で1つだけのアイテムと言っても過言ではないでしょう。

 

ギャッベは全てハンドメイドで織られることもあり、どうしても値段が高くなります。現地から直接輸入している業者であってもそれなりの値段がします。

 

私はギャッベが好きでリビングサイズのものを1枚持っていますが、値段は10万近く掛かりました(;^_^A。今までで一番高い買い物でボーナスが入った時に購入しました。

 

なかなか簡単に手を出せないギャッベですが、ニトリではキリム柄と同様にギャッベの柄をデザインしたラグが売っているのでコストも抑えることができます。

 

私も本物のギャッベを購入する前はニトリのギャッベ柄のラグを使用していました。大学生になってインテリアに興味を持ち、部屋をアレンジする時に初めてラグを買いました。

 

一人暮らしを始めることが多い大学生にとってラグは必要ではないかと思います。床の上にそのまま寝ころびたくはないので何か引きたいと思ったらラグですよね(笑)。

 

とりあえずラグがあれば、おしゃれになると考えている人も多いでしょう。ラグは大きさもあるので床をカバーできる範囲も広く、便利です。

最近では床暖房やカーペットに対応しているタイプも多く売られているので、1枚あれば年中使いまわしができるので家計にも優しいアイテムです。

 

大学生になると買う人も多いラグですが、ギャッベ柄のラグはあまり見る機会がないと思います。そもそも「ギャッベって何?」と思う人の方が多いでしょう。

 

日本でギャッベはあまりメジャーなアイテムではないので持っているとレアです。その貴重なギャッベの模様がデザインされたラグであるので珍しいアイテムです。

 

模様がどこか懐かしく思えるものもあるので、ラグに温かみがあります。そんなギャッベのデザインを用いたギャッベ風のラグを取り入れてみてはどうでしょうか?

 

珍しい模様と温かみがあるラグを持っているだけで他の人と差別化をすることができますし、特別な感じがします。

床暖房やカーペットにも対応しているので冬場も問題なく使えますし、温かみのあるデザインなのでより温もりを感じることができると思います。

クッション性も優れているので触り心地もよく、寝ころぶと眠たくなりそうです( ´∀` )

 

ニトリのラグは手洗いできるタイプの物が多いので手入れもしやすく、抗菌防臭加工もしてあるので湿気の溜まりやすい梅雨の季節も大丈夫です。

機能面と優れたデザインを併せ持つニトリのラグは非常に便利でコストパフォーマンスもいいので買って損することはありません。

 

むしろ、迷ったらニトリで買えば問題ありません。それぐらい品質も優れているので強力な味方です。学生でも手が出せる金額なのもうれしいポイントです。

 

ギャッベ柄のラグは2種類あるので好きな方の模様で決めることをおすすめします。ベースとなる色がクリーム色(ベージュ)なのでどんな部屋にもマッチする点もグッドです。

 

以前、紹介したキリムと合わせてギャッベのデザインは中東の国の文化を取り入れたものであり、日本ではあまり馴染みがない分、珍しいと思われるでしょう。

外国の文化を取り入れたインテリアをニトリでは簡単に味わうことができます。ぜひ、部屋にギャッベ柄のラグを取り入れてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました