国会でIR法案(カジノ法案)成立。メリット・デメリット

スポンサーリンク

こんばんは。参院本会議でIR法案が賛成多数で可決されたというニュースが入ってきました。

 

メディアはカジノ法案と報道しますが具体的にはどのようなものかを書いていきます。

テレ朝ニュースの記事です。https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180720-00000071-ann-pol

 

そもそも正式名称はカジノ法案でなく、統合型リゾート(Integrad ResortI)です。

簡単に言えば、インバウンド政策の1つとしてシンガポールやマカオにある統合型リゾートを日本でも導入しようということです。

 

日本の法制度ではカジノは違法でありましたが、2016年にIR推進法が成立し、カジノの法制度化が進められるようになりました。

 

統合型リゾートを日本に導入するメリットとデメリットを考えてみましょう。

メリット

1 国内外の観光客の誘致の強化になる

2 MICEの振興強化ができる。

3 雇用促進や経済効果が見込める。

4 導入場所が特定の場所に限定されるので、パチンコほど気軽にはできない。

5 税収の増加が見込める

デメリット

1 ギャンブル依存症が増える可能性が高い。

 

メリットとデメリットを簡単に上げましたがどうでしょうか?

まずメリットを見ていきましょう。特に2番と5番はかなり魅力的ではないかと思います。

 

2番のMICEとはmeeting(企業等の会議)、incentive travel(企業等の行う報奨・研修旅行)、convention(国際機関・団体、学会等が行う国際会議)、Exhibition/Event(展示会・見本市、イベント)の頭文字を合わせた言葉です。

 

言わば、集客が見込めるビジネスイベントです。企業や公的機関が関わっていることもあって観光面でなく、ビジネスマンの交流から生まれる新しいものや価値から発展を目指すことができます。

 

5番の税収の増加はマカオが成功例としてあります。マカオではカジノ収入がおおきな財源となっており、2017年度は歳入の8割以上を占めていたという報告がありました。

マカオのカジノ税収、10月終了時点で年間予算達成…1〜10月累計17.4%増の約1兆円=歳入の8割超占める
マカオ政府財政局が11月17日付で公表した最新の財政収支データによれば、今年(2017年)1〜10月累計の歳入…

 

一方、デメリットとしてはギャンブル依存症が増えるという懸念があります。

野党側がIR法案に対して、反対する理由としてギャンブル依存症を挙げています。

 

ただ、この言い分には疑問点があります。

 

IR法案の導入でギャンブル依存症が増加すると煽ってますが、ギャンブル依存症についていうなら、

 

なぜパチンコについて何も言わないのでしょうか?

 

私は特別、政権の支持者ではないですが、特定の場所にしかないつくらないカジノと駅前などあちらこちらにあるパチンコやパチスロを比べるとギャンブル依存症が多くなるのは明らかに後者です。

 

特定の場所しか作らないカジノはパチンコほど気軽には出来ませんし、入場料などの制限を付けるとのことなのでパチンコ等に比べるとギャンブル依存症になる可能性は下がると考えられます。

 

カジノでギャンブル依存症をうたうなら、パチンコ・パチスロの規制をする方が先でしょう。敷居が低いので気軽にできてしまいます。

 

明らかに野党の言い分は筋がずれてます

ただ、与党側が100%正しいとも言えません。

 

パチンコ・パチスロの規制をした上でIR法案でのギャンブル依存症を懸念するなら分かりますが…

ギャンブル依存症を無視した勝手な法案という野党の言い分は説得力に欠けます。ただ、あまりに急激に進めるのも怖いのでしっかり審議してほしいものです。

 

今回のIR法案の可決で国会が荒れましたが見てて情けないです。

 

野党のやっていることはあまりにも愚かです。国会のルールを守らない人間が何を言っても説得力はありません。

 

そもそも国会議員の資格などないと思います。

 

横断幕をもって国会に入っていた議員(あえて名前は出しません)

 

ルールを守らないなら国会にいる資格はないと思いますよ。くだらないパフォーマンスをして仕事をしてるふりをするのはやめてください。見ていて見苦しいです。

 

そんなパフォーマンスをしていることで支持が得られないことが分からないのでしょうか?支持率が現実を示しています。

 

反対だからと言って何をしてもいいわけではありません。国会のルールを守って議論に参加してください。

 

過去にも牛歩戦法を取って注意を受けているのに同じことをやるあたり、分かってやっていますよね。

ふざけるなと言いたいです。

 

野党の中にも真面目に取り組んでいる方もいるはずです。一部の人間のせいで悪く見られてしまうのはあまりにもかわいそうです。

 

最近は与野党問わず、議員の不祥事が多いと感じます。国会議員である前に人として立派な振る舞いを心掛けてほしいものです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました